薬剤師とは

病気や怪我をしている人に対して的確に薬を提供するのが薬剤師の仕事になります。患者は様々な場面で薬が必要になります。病気や怪我をしたときの治療をするときに必要ですし、それ以外にも健康を維持するためにも薬は欠かすことができないものです。通院や入院をしたときに薬を処方してもらったり、急に具合が悪くなったときにドラッグストアなどで薬を買うこともあります。

このように様々な場面で薬を必要としている人に対して、知識を持っている薬剤師が、患者の病気や怪我を治したり、健康を維持し続けたりするために薬の調剤をして供給をするのが仕事になります。しかし、薬を提供するだけが薬剤師の仕事ではありません。製薬会社の営業をしたり、行政で公務員として働いている薬剤師もいます。

幅広い職種があるのが薬剤師の魅力なので、早い段階で自分が薬剤師の資格を活かしてどのような仕事がしたいのかを十分に理解して求人を探すことが求められます。一度資格を取得すれば後から転職をすることも可能ですが、病院や薬局で働くのか、公務員になるのか、民間会社で働くのかによって、自分自身が思っている薬剤師の仕事が大きく変わってくるということを理解しておきましょう。