薬剤師になるには

薬剤師になるために一番重要なことは、薬剤師の国家資格に合格しなければいけないことです。合格するために勉強をしなければいけませんが、その勉強をするために薬学部がある大学に通う必要があります。薬学部は6年制で、この期間に薬剤師の養成課程を修了しなければいけません。ここでしっかりと薬学に関する知識をしっかりと身につけて、年に1回行われる薬剤師の国家試験を受ける必要があります。

国家試験に出てくる内容は薬学に関することだけでなく、薬剤師として必要な法規や倫理の問題も出てくるので、幅広い内容の受験勉強をしなければいけません。薬剤師になるための試験に合格すると、薬剤師名簿に登録されます。そこで初めて薬剤師の免許が与えられます。

普通の大学は基本的に4年間通って卒業しますが、薬学部は医学部と同様に6年間しっかり勉強しなければいけません。さらに国家資格に合格しなければ免許を取得することができません。これをポジティブに考えれば6年間という期間の中で、じっくりと薬学に関する知識を学ぶことができるということになります。だからこそ6年間しっかり勉強することができれば、薬剤師の資格が必要となる様々な職場で働くことができます。