資格を活かせる職場

薬剤師の資格を取得したら様々な職場で働くことが可能です。多くの人が調剤薬局に勤務をして来店した患者に対して薬を処方する仕事に従事している人が多いです。街の調剤薬局の業務内容は、調剤業務を中心として、服薬の指導や薬歴がどうなっているかを管理するのも薬剤師の仕事になります。医師からの処方箋の内容に対して的確に薬を処方しなければいけません。そして正しい容量で飲むように指導をしていきます。

調剤薬局だけでなくドラッグストアで社員として働く薬剤師もいます。今のドラッグストアは調剤室が併設しているところも多いです。薬が欲しいと思ってドラッグストアに処方箋を持ち込んで薬をもらえる時代だからこそ、ドラッグストアでも薬剤師の求人を積極的に募集しています。調剤業務以外にもドラッグストアは普通の調剤薬局と異なり、一般用の医薬品も販売するときに指導をしてくれます。

薬剤師は薬を調合するだけでなく、製薬会社に勤務して仕事をすることもできます。研究や開発に従事する人もいれば、医療の現場でMRなどの営業職として医薬品の情報の担当者となる人もいます。民間会社で社員として働く薬剤師の資格を持っている人もいるということを理解しておきましょう。