薬剤師を目指そう

薬に関するあらゆる知識を使って患者の病気や怪我と向き合っているのが薬剤師です。薬剤師は医薬品全般の様々な知識を駆使して、薬と向き合っている専門家です。大学で薬学の勉強をして国家資格に合格して病院や薬局で働くことになります。大学では基礎から応用まで様々な薬学に関する知識を学びます。そして薬剤師の国家資格を取得して、初めて薬剤師として働くことができるようになります。

多くの人が薬剤師として薬局や病院に勤務して調剤の仕事に携わっています。しかし薬剤師の職場はそれだけでなく、行政や医薬品を開発している会社で研究や開発をする仕事もありますし、製薬会社でMRとして各病院に行って薬の情報を提供している薬剤師もいます。薬剤師は様々な職種や現場で働くことができるので、自分がやってみたいと思える仕事を選ぶことで、充実した薬剤師として自分がやりたい仕事をできるのも魅力の1つとなっています。

多種多様と言われている薬剤師の仕事だからこそ、大学に通って資格を取得することで、自分の可能性が広がる職種と言えます。自分がどのような職場で働きたいのかを理解しながら勉強をすることで、常にやりがいを感じながら仕事をすることができるようになります。当サイトでは薬剤師について解説をしていきます。薬剤師とはどのような仕事をするのかを理解していただき、自分が働きたいと思っている仕事に就くためにどうすれば良いかを解説しています。